書家・東尚史の経歴紹介

東 尚史(ひがし なおふみ)

筆ペン書道家(書道家)1972年9月19日生まれ 熊本県人吉市出身

経歴

広告代理店、印刷会社、地元情報誌勤務を経て2011年開業。

2011年から1年間、流通・販売促進の専門家のエージェント(代理店)として活動。販促やマーケティングについて学ぶ。
また、就職支援である基金訓練事業の講師を務める。

大学生時、全国でも有名な井田抱月(ほうげつ)先生に教えを請い、全国書道団体連合会 教育部師範を取得。

地元、熊本から全国へ。全国から世界へ「書」の愉しさ、素晴らしさを伝えるべく、「元気」、「感動」、「シアワセ」や個人のモチベーションを与えられるよう活動中。賢人・偉人の名言・格言を始め、自制の書、創作書などを誰でも手軽に気軽に使用できる「筆ペン」にて、その醍醐味を伝えていく。
また、現在は水墨画基礎習得のため、熊本県水墨画協会員である米田端泉先生の指導も受けている。

イベント・個展のほか、商業書道であるビジネス書・お礼状・名刺など勉める他、「お忙しい社長のための筆ペン書道講座」、「女性のための美文字講座」などジャンル別に参加できるワークショップを計画中。

実績

全国書道団体連合会 教育学部師範(1993年取得)

[個展実績]

[受賞]

2013年8月 ぺんてる × 宝島社 コラボ企画 「筆ペンアートコンテスト」宝島社賞を受賞 アート字「楓(かえで)」